esportとしてのLUC888の可能性はあるのか?

LUC888はオンラインカジノではなく
esportsバカラという立ち位置です。

 

しかし、esportはまだ日本に浸透していないため
あまり詳しく知らないという人も多いのではないでしょうか?

 

そんな人の為に今回はesportに関して解説していきたいと思います。

 

この記事を読むと
  • esportが何かわかる
  • esportの市場規模がわかる
  • LUC888の市場規模がわかる
  • LUC888の今後が楽しみになる

 

 

eスポーツとカジノについて

ご存じの人も多いかと思いますが
近年eスポーツの需要が高まり
流行にもなりつつあります

 

eスポーツとは
広義には、電子機器を用いて行う娯楽、競技、スポーツ全般を指す言葉であり、コンピューターゲーム、ビデオゲームを使ったスポーツ競技のことを指します。
簡単に言うと、複数人のプレイヤーで対戦するゲームをスポーツとして解釈して「eスポーツ」と呼びます。

 

アメリカではすでに国が
「eスポーツ」を
「スポーツ」として認めており

「プロゲーマー」が「スポーツ選手」であることを認めています。

 

eスポーツ代表例
・コール オブ デューティ
・荒野行動
・スプラトゥーン
・FPS
・ストリートファイター
・大乱闘スマッシュブラザーズ

eスポーツの市場規模

また、韓国や中国でも
「eスポーツ」が非常に発展していて
市場規模も日本とは桁違いです

 

世界のeスポーツ人口
世界の競技人口は1億人以上
観戦・視聴者は約4億人

 

日本のeスポーツ人口
日本の競技人口は約400万人
観戦・視聴者は約160万人

 

日本はまだまだ少ないですが
ITインフラなどの土台が充実してくると
eスポーツ人口増加が加速するしょう

 

日本eスポーツ連合が設立され
日本のeスポーツが本格的に始動しています

 

これから成長するeスポーツは
最高のビジネスチャンスです

 

そこにビジネスチャンスに
LUC888は乗っかっています

 

eスポーツのスケールアップ

これまで格闘ゲームや
シューティングゲームなど
に注目されてきました

 

eスポーツの需要は高まるなか
eスポーツの幅も広ってきています

 

身体的なスポーツだけでなく
思考能力を競うスポーツにまで
発展してきています

 

 

思考能力を競うスポーツとは

たとえば、
日本に馴染みのある囲碁や将棋など
世界的に人気なルーレットやブラックジャックなどのテーブルゲームも
eスポーツの対象になっています

 

そして、もちろん
カジノで一番人気のバカラ
対象となっています

 

LUC888のNEWフィールド

バカラをするには
世界各地にあるランドカジノに行くか
オンラインカジノでプレイするか
アミューズメントカジノで遊ぶか
ということでした。

 

しかし、コロナの影響もあり
なかなかランドカジノに足を運ぶこともできません。

 

巨額のマネーが動く
中国やアメリカなどは
オンラインカジノは法律で禁止とされています。

 

オンラインカジノは禁止されているが
LUC888ならesportとして進出できる可能性があります。

 

中国では法律で禁止されていても
7兆円近い金額が動いているようです。

 

そこに法律面でも安全なLUC888が参入すれば
その一部が流れ込む可能性が大いにあります。

 

LUC888の広報をしている1人からすれば
今後LUC888が
どのように発展していくか
とても楽しみです。

 

LUC888では大会イベントも行われる

LUC888ではバカラをユーザー間で
競技として行うイベント(大会)が
頻繁に行われています

 

 

過去の優勝賞金は100万円相当のGCがでました。

現在は優勝賞金1億円相当のGCがもらえる
大会を行っています。

 

LUC888プロモーション活動

2019.10.01大阪で行われた
WBA世界ライトフライト級マッチの
スポンサーをしていました

 

2020年の春には
某大手メディアにも広告を出すそうです

 

プロモーション活動は日本だけでなく
市場規模の大きいアジアにも発信するので
ユーザー数はこれからドンドン増えていくと思います

 

カジノのとんでもなく大きく拡大していて
30年前バカラの市場規模は3兆円でしたが
インターネットの普及によって
20倍の50兆円まで膨れ上がりました

 

またこれからは
eゲーミングの普及により
さらに市場規模は拡大されると思います

 

その中で
アミューズメントカジノ
バカラゲームは

これからのニーズにマッチしており
LUC888は注目される可能性が非常に高いです

 

その可能性にかけて
アフィリエイターとして参加
するのもありですし
日本からはじまるesportとして
応援するのも楽しみ方の一つだと思います

 

まだ海外進出のインフラが整っていませんが
アフィリエイターに興味がある人は
こちらの記事も読んでみてください。

【LUC888】アフィリエイトの仕組みを画像付きで解説します

2020年11月17日

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です