LTRA(エルトラ)・L-CUBEを徹底解説!LUC888での4つの新しい稼ぎ方

2021年は【ライブ配信者収益化元年】
といわれています。

 

そんななか2021年3月頃から
luc888でもライブ配信機能が実装される予定です。

 

ライブ配信のサービス名は
LTRA(エルトラ)

 

またライブ配信者への投げ銭が実装され
投げ銭で発生した収益の一部が分配される
L-CUBEも販売されます。

 

他にも面白い仕組みがたくさんあるので
1つずつ解説していきます。

 

この記事では
・LTRA(エルトラ)ってなに!?
・Lキューブはいくらで買える?
・Lキューブの配当はどれくらい?
・投げ銭とは?投げ銭の市場規模は?

という疑問を解決していきます。

 

LTRA(エルトラ)とは!?ライブ配信サービスの概要

LTRA(エルトラ)がリリースされると
LUC888にライブ配信機能が追加されて
さらに盛り上がるに違いありません。

いままでは配信や裁量ロジックを使い
1人でバカラを楽しむ人が多かったと思います。

 

いまでもLUC888は
かなりの盛り上がりを見せていますが
LTRA(エルトラ)がはじまり
ライブ配信機能が実装されることで

1人ではなく、みんなでバカラを楽しめるようになります。

 

イメージとしては
モンスターハンターを一人でやるのか
オンラインでみんなでモンハンをするのか
みたいなイメージを僕は持っています。

1人でやっても楽しいけど
みんなでチャットをしながらするゲームは
もっと楽しくないですか?そんな感じです。

 

フレンド機能

LTRA(エルトラ)にはフレンド機能があり
フレンド登録した人だけを集めて
ライブ配信をすることもできるそうです。

フレンド間でバカラ大会などを開いて
競い合うというのも面白そうです。

 

 

WIN-BETボーナス

こちらはライブ配信者へのボーナスです。

ライブ閲覧者(ユーザー)が
あなたのライブを見ながら
LUC888をプレイした場合
ライブ閲覧者の勝ちBET額の0.1%
アフィリエイトボーナスとして
あなたに還元されます。

 

ユーザーを勝たせることができれば
配信者にもボーナスが入る
WIN-WINな関係になるので
みんなでいい関係を築いていきましょう。

 

投げ銭システムについて

投げ銭は
ライブ閲覧者(ユーザー)が
ライブ配信者(ライバー)にアイテムを送れる
ギフト機能のことです。

 

イチナナライブでは投げ銭で
年間1000億円もの金額が動いています。

画像引用元:PR Times

投げ銭の市場規模は
2018年は132億円でしたが
2020年には7000億円規模にまで拡大してます。

 

これから5Gの導入により
さらに伸びていくことが予想されます。

 

ライバーって聞きなれない言葉ですが
ライバーとして生活をしている人も珍しくはありません。

 

イチナナライバーの収入は
プロライバーの平均で年収1450万円。
月収120万円にもなるそうです。

中国・台湾では月収1億円ライバーもいます

 

 

ライバーという職業が誕生する!?

数年前までYoutuberが職業になると思っている人は少なかったはずです。

しかし今では中学生がなりたい職業ランキング1位になっています。

3年後には職業ランキングに
「ライバー」が追加されてもるかもしれません。

 

これからInstagramやTiktokにも
投げ銭機能が追加され投げ銭がより身近になります。

 

投げ銭があたりまえという時代も
近づいていて2021年は
ライブ配信者の収益化元年
とも言われています。

 

LTRA(エルトラ)ライブ配信者の報酬

現在のライブ配信者の多くは
運営に売り上げの半分以上を持っていかれる事が多いです。

既存サービスの場合

売上1000万ポイント
→運営700万ポイント
→ライバー300万ポイント
という分配になります。

 

しかし、LTRA(エルトラ)では
売上の70%がライバーに還元されます。

LTRA(エルトラ)の場合

売上1000万ポイント
→ライバー700万ポイント
→レジデンスボーナス300万ポイント
という分配になります。

※レジデンスボーナスについては後ほど解説します。

 

 

あれ運営の利益は?
という人も多いと思うのですが
ここがLUC888の面白いところです。

LTRA(エルトラ)でLUC888が盛り上がり新規ユーザーが増えれば
当然GC購入者も増えます。

それで収益が生まれるからライバー報酬からは利益を取らないという意向のようです。

 

LUC888のこういう考え方が僕は好きです。

 

LTRAでは、還元率が高いだけでなく
ライバーが投げ銭を受けやすくするための
仕掛けも考えられています。

 

L-CUBEとは?

L-CUBE(エルキューブ)は
LTRA(エルトラ)の株のようなイメージをしてください。
※実際には株ではありません。

 

L-CUBE保持者には
投げ銭で発生した全体利益の30%が
L-CUBE保持者にレジデンスボーナスとして分配されます。


例えば
イチナナライブでは年間1000億円の売上があります。
利益率を30%とし300億円利益と仮定します。

 

300億円の30%=90億円を
L-CUBEの発行数で割った分が
L-CUBE保持者に分配されます。

 

例)
L-CUBEの販売総数は1,000万個なので
L-CUBE1個あたりの配当は
90億円÷1,000万=900円
相当のGCが分配されます。

 

1,000個のL-CUBEを持っていれば
年間90万円相当のFGCがもらえます。
※シミュレーションで値になります。

 

L-CUBEの特徴とシミュレーション

ライトキューブやADキューブは
利益を販売総数で割ったものが分配される仕組みでしたが
L-CUBEは発行総数で割ったものが分配されます。

L-CUBEは1月から販売されますが
1月時点で20万キューブが発行(購入)されたとします。

LTRA収益の5/1~5/31分は
1月に発行されたL-CUBE数(20万)で割ります。

 

シミュレーション
1月発行数20万キューブ
5/1-31の投げ銭での利益が1,000万円と仮定します。
この場合1キューブ当たり約50円相当のFGCが分配されます。

これはありえない数字ではないと思います。
この計算だと月利5%なので結構いい数字です。

 

 

LTRA(エルトラ)では
投げ銭での収益30億円を目標とされています。
利益率を30%と仮定したシミュレーションが以下の表です。
※計算間違っていたら教えてください。

 

 

ライバー収益化元年といわれてるので
これから投げ銭での全体収益が伸びていくことが期待できます。

 

そしてLUC888は中国でも多数メディアに取り上げられ
中国のライバー市場も巻き込まれることが予想できます。

中国の投げ銭の市場規模は
2020年で1兆5000億円もあるので
L-CUBEの配当の期待が高まりますね!

 

 

L-CUBEの価格と販売スケジュール

L-CUBEは1/19~販売が開始されます。
1/19から販売が開始され
3月末までは縁故募集期間として
1キューブ1,100円で購入が可能です。

4月から正規販売がスタートすると
1キューブ50,000FGC(5,000円相当)で販売されます。

 

L-CUBEを縁故募集期間に手に入れるだけで
3ヶ月後には価値が約5倍になります。
縁故募集で購入できた人はかなりラッキーです!

 

縁故募集で手に入れたキューブを
5月にリリース後転売してもOKです。

 

正規価格は5000円なので
2500円くらいで買い手は見つかるでしょう。

2500円で転売するだけで
十分に利益を出すことができます。

L-CUBE購入希望者は
【エルトラ】とコメントください。

友だち追加

L-CUBEのリスク

L-CUBEを購入するリスクとしては
投げ銭の収益が想定外に伸びない場合は
配当が低くなり回収までに時間がかかるということです。

 

また配当が低い状態だと転売をしようにも
買い手が見つからないリスクがあるので
そこには注意が必要でしょう。

 

 

L-CUBEで毎週ガチャのチャンス

L-CUBE保持者は
投げ銭からのレジデンスボーナスだけでなく
L-CUBE保有数に応じて毎週ガチャを引くことができます。

ガチャといえばスマホアプリゲームの定番で
ポイントをためてガチャを引くと
強キャラや弱キャラがもらえます。

 

ガチャでは
9割がハズレ(弱キャラ)で
1割が当たり(強キャラ)が出ます。

 

LTRA(エルトラ)のガチャでの当たりは
100万GCが当たる可能性もあるとか無いとか。

 

L-CUBEを持っていれば
レジデンスボーナスももらえて
ガチャでGCがもらえる可能性があるので
L-CUBEはかなり魅力的ですね!

 

ガチャはL-CUBE1個につき1回引けます。
1000個持っていれば1000回引けます。

 

ガチャのハズレがおもしろい

スマホゲームのガチャでは
雑魚キャラがハズレとして出てきますが
LTRA(エルトラ)のガチャでは投げ銭に使用可能なトランプカードがもらえます。

 

トランプの1~13までが
ギフト用のアイテムとしてもらえます。

1なら1ポイント
13なら13ポイントの投げ銭アイテムとして使うことができるようです。

 

ハズレでもギフトができることにより
ライバーは他のプラットフォームよりも
投げ銭を受け取りやすい環境になります。

 

ハズレアイテムを使って
ライバーを応援することができる。
そしてライバーに感謝される。
これってもはやハズレではない気がします。(笑)

 

しかもライバーを応援して
投げ銭をした分の30%が巡り巡って
レジデンスボーナスとして分配されるという
めちゃくちゃ良い循環が起こります。

LTRA(エルトラ)まとめ

LTRA(エルトラ)は3月に開始予定で
もう少し先ですが既にワクワクしています。

LTRA(エルトラ)は時代の流れにとてもあっていて、かなり稼ぎやすいプロジェクトなのでお勧めです。

 

LTRA(エルトラ)の稼ぎ方
  1. ライバーとして稼ぐ
  2. ライバーの配信を見て稼ぐ
  3. L-CUBEで稼ぐ(ボーナス)
  4. ガチャで稼ぐ

 

色んな稼ぎ方があるので
あなたに合った稼ぎ方をしてみてください。

 

LTRAやLUC888に関して
・新しい情報をいち早く知りたい!
・セミナー情報・ZOOM情報を知りたい!
という人はグループに招待するので
LINE追加後に
【情報交換】とコメントください。

L-CUBE購入希望者は
【エルトラ】とコメントください。

友だち追加

L-CUBEの購入方法を写真付きで分かりやすく解説いたします。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です